ロマン・ロマノフ

ロマン・ロマノフ

ロシア系リトアニア人、ウラジミール・ロマノフの息子で

スコットランド、エジンバラのクラブ

ハーツことハート・オブ・ミドロシアンのオーナー。

2005年2月に株式を取得し、取締役に就任し、10月にオーナーとなった。

彼の資金によって様々な選手を獲得したハーツは

スタートから順調に首位を進んだが、

10月に彼と意見の合わないジョージ・バーリー監督を解雇すると

チームは失速、結局2位で終わってしまい

その反省からか、06-07シーズンに関しては監督、GMにリトアニア色を配して

「私はチームに若い選手がほしい。そしてそれは、個性的なチームを作り上げる助けになるだろう。私にとっての成功とは、チームと経営陣が一丸となることだ。私は経験のある選手を使うだけではなく、若い選手も使いたい。もちろんそれはリスクを伴うことだが、チームに何かをもたらしてくれるだろう。それを見てみたいんだ。」

と言っている。