ベルティ・フォクツ

ベルティ・フォクツ

Berti Vogts 本名はHans-Hubert Vogts

ドイツ人サッカープレーヤー、監督

1974年、W杯西ドイツ大会決勝で、オランダ、ヨハン・クライフを徹底マークしてPKによる1点に押さえ込んだ男。

所属クラブ、ボルシア・メンヒェングラートバッハで5度のマイスターシャーレ、2度のuefa杯優勝に導いたキャプテンである。1979年、uefa杯優勝後、ロッカールームで「よく見ておけ、これが最後のトロフィーだ」と言ったら、本当にそれ以後ボルシアにタイトルはない

1990年、フランツ・ベッケンバウアーのアシスタントコーチとしてW杯優勝を経験、ベッケンバウアー勇退後監督に昇格、1992年欧州選手権で2位に導き、2連覇を期待されたW杯アメリカ大会ではベスト8止まりとベテランに頼りきったチームは不甲斐ない成績に終わった。

1996年欧州選手権ではローター・マテウス等ある程度ベテランを切った布陣で望み、マティアス・ザマー、オリヴァー・ビアホフ等の新戦力で欧州選手権を制した。

1998年年W杯フランス大会前にザマーの負傷からマテウスを呼び戻し、再びベテラン頼みになったチームで臨みクロアチア相手に完敗、ベスト8で終わって辞任。

その後バイヤー・レヴァークーゼンの監督に就任すると、ロベルト・コバチ、イェンス・ノヴォトニー、カルステン・ラメロウ、ミヒェエル・バラック等様々な選手を発掘し、2年連続2位という好成績を残したが辞任。

2002年にスコットランド代表監督に就任。2004年欧州選手権プレーオフに出場すると若手主体のスコットランドで、オランダ代表相手に1-0で勝利するという快挙を成し遂げる、残念ながらアムステルダムで0-6の大敗を喫するが監督としての高評価を得た。

2004年11月、W杯予選の結果の不振から監督を辞任。

2007年1月、ナイジェリア代表監督に就任。

* はてなダイアリーキーワード:ベルティ・フォクツ