プレドラグ・ミヤトビッチ

プレドラグ・ミヤトビッチ

Predrag Mijatović

セルビア人サッカープレーヤー

1989年のワールドユース優勝メンバーの一人で、ユーゴ内戦後にはスペインはバレンシアに移籍。92-93シーズンに17得点でリーグ優勝に貢献。

ロマーリオが唯一認めるライバルで、1996年レアル・マドリードに移籍したときにバレンシアに入ったのはロマーリオ。

1998年、UEFAチャンピオンズリーグ決勝、ユヴェントス戦においてロベルト・カルロスの強烈なシュートをアンジェロ・ペルッティが弾いたボールにいち早く反応して得点を決め、33年ぶりの優勝に貢献した。

その後99-00シーズンにフィオレンティーナに移籍、チーム降格消滅によってレバンテに移籍。レバンテ移籍の理由はバレンシアに住む自分の息子の為だとか。しかし、そのシーズンのレバンテは惜しくも4位で昇格ならずそして引退。

引退後は代理人として活躍していたが2006年の会長選挙の結果から代理人業を廃業して、レアル・マドリード、スポーツディレクターに就任。イタリアに出向いてファビオ・カンナバーロ、エメルソンを引き抜いてきた。

* はてなダイアリーキーワード:プレドラグ・ミヤトビッチ