フランク・アルネセン

フランク・アルネセン

Frank Arnesen

チェルシーのスカウト部門最高責任者

元々はデンマーク代表のMF、アヤックスでプロキャリアを始め、その後バレンシアを経て、アンデルレヒトへ。アンデルレヒト時代にはリーグ優勝、uefaカップ決勝進出を進出、1988年3冠を達成したPSVアイントホーフェンにてキャリアを終えた。

引退後に代表で若手を発掘する部門に配属。そこで、若きミカエル・ラウドルップを代表に引き抜いた。

その後はPSVのスカウトおよびゼネラルマネージャーとなり、ロマーリオ、ロナウド、グジョンセンなど数々の新星を発掘した。

2004年、トットナムに移籍、イングランドの実績ある選手ばかりでなく、若手で活躍の見込めそうな選手を数々引き抜いた。

そんな実績を見たチェルシーが強奪。

FIFAの介入もあったが移籍は完了。

もはやチェルシーの人です。