フラム

フラム

Fulham Football Club

イングランド西部、テムズ川のほとりにクレイブン・コテージを本拠地に持つフットボールクラブ。1879年創設。愛称はそのままコテージャーズ

1997年にハロッズのオーナー、モハメド・アルファイド氏が買収。(当時はセカンド・ディヴィジョン)レイ・ウィルキンスとキヴィン・キーガンの「(マネジアル)ドリームチーム」を組ませて、1999年、キーガン監督下で、D2優勝、キーガンがイングランド代表監督に抜擢されてしまうと、ジャン・ティガナを2000年に招聘し、2001年D1優勝を果たし、プレミアシップ昇格を果たした。

以後、ハロッズからの資金提供も少ない故に、落ちる落ちると言われながら残留している。なかなかしぶといクラブだ。勿論、これはクリス・コールマンの手腕の功績でもある。

2002年に稲本潤一が加入し、日本でも知名度があるが、発音の面倒なクラブである。

日本では当初文字そのままに「フルハム」と書いていたが、現実的に考えるとhを強く発音せず、アクセントも前にあることから「フルァム」というところか。「フルアム」というのもなんだし、日本語に近いなら「フラム」かねぇ。

* はてなダイアリーキーワード:フラム