ピーター・ケニオン

ピーター・ケニオン

Peter Kenyon

元々UmbroのCEOだったのだが

1997年にマンチェスター・ユナイテッドの副最高経営責任者から最高経営責任者となった。

2004年にロマン・アブラモビッチ氏率いるチェルシーの最高経営責任者として引き抜かれた。

彼の主要な功績としては、

移籍に関しては

ルート・ファン・ニステルローイをユナイテッドに引き抜き、

マイケル・エッシェンの交渉を最後にはまとめたことなどが挙げられる。

また彼のマーケティング能力の証左として

マンチェスター・ユナイテッドにおいて、vodafone、nikeとの高額のスポンサー契約を結び、ニューヨーク・ヤンキースと提携を収め、クラブを世界で最も裕福なクラブに変えた。

チェルシーにおいては、ambroとの違約金2450万ポンド(48億円)をも厭わず、adidasと年間1700万ユーロ(23億3000万円)の契約をまとめてしまう、辣腕である。

彼が抜けて以来、ユナイテッドは目立った大型契約を結ぶことができていないのが現実である。