デヤン・サビチェビッチ

デヤン・サビチェビッチ

ACミランにて背番号10をつけていた天才。

ロベルト・バッジョが来ても背番号10だった。彼が唯一背番号10を譲った選手はドラガン・ストイコビッチである。

ジェニオ(イタリア語で天才)と命名したのはミラン会長のシルヴィオ・ベルルスコーニである。

1994年のアテネにおける素晴らしすぎるループシュートはいまも伝説。彼の1ゴール2アシストでミランはビッグイヤーを獲得することとなった。

2001年に引退すると、国のゴタゴタから気づいたら代表監督をやっていたが、2002年W杯、2004年欧州選手権と出場を逃したので、監督を辞任。

その後ツルベナ・ズベズダの副会長に就任。2005年には交通事故で大怪我を負った。

* はてなダイアリーキーワード:デヤン・サビチェビッチ