セバスチャン・スキラッチ

セバスチャン・スキラッチ

Sebastien Squillaci

フランス人サッカープレーヤー、名前の通りイタリア系。愛称もイタリア代表の同じ名前の方にちなんで「トト」

1980年8月11日 トゥーロン生まれ

183cm,79kg

高い身長からのヘディングが強く、スピード、反応にも長けている、ディディエ・デシャンがイタリアのエッセンスを教え込んだディフェンダー。

97-98シーズンにトゥーロンにてキャリアを開始し、ASモナコに引き抜かれたが2シーズンはBチーム、その後アジャクシオにレンタル移籍すると、ローラン・クルビス監督下、69試合に出場、01-02シーズンにはモナコに復帰。

開幕節にラファエル・マルケスの欠場からセンターバックで登場すると活躍が認められ、35試合に出場、ジュリアン・ロドリゲスとの堅いバックラインでリーグ2位の好結果に一因となる。

03-04シーズンも開幕からフランス屈指のディフェンスラインで、チャンピオンズリーグの舞台においてもロドリゲスとのコンビで空中戦支配率が1位という好成績を残したが、シーズン終盤はコンディションの不調から、ガエル・ジヴェにポジションを奪われ、ゲルゼンキルヒェンでの決勝戦は途中出場という結果になった。

2006年6月、シルヴァン・モンソローとの交換トレード+金銭でオランピック・リヨネーに移籍。開幕節からいきなり逆転ゴールを決めた。