ウィリアム・ギャラス

ウィリアム・ギャラス

William Gallas

フランス人サッカープレーヤー 長くプレミアにいるために現地実況でこう発音されることが先に輸入されたのか、「ガラ」と発音しにくいのか、こんな呼ばれ方をする選手。

2001年にフランク・ルブーフと入れ替わりでチェルシーに入団。マルセロ・デサイーと共に堅いセンターバックを形成。デサイーがケガ等により欠場してもギャラスとジョン・テリーの組んだセンターバックのコンビも堅く素晴らしいモノだった。

2004年に同じセンターバックのリカルド・カルバーリョが入団するとサイドでの起用が増えるが、持ち前の運動量で左右どちらのポジションをこなせる器用な役回りも果たした。彼が色々と頑張ったおかげでプレミア制覇。しかし惜しむらくはルイス・ガルシアの疑惑のゴールをクリアすることができなかったことだろう。試合後彼は号泣した。

2005年、開幕当初はカルバーリョがスタメンの座から外れ、本人の希望したセンターでのポジションを得たが、レフトバックのデル・オルノの頼りなさからサイドを託されるハメに。

レ・ブルーではジャック・サンティニ以来フルバックの方が多かったわけだが、W杯本大会になって、ブームソン、シルヴェストルでは頼りないと思ったか、突如レイモン・ドメネックがセンターバックとしての起用。リリアン・テュラムとのコンビで堅い守備を構築した。結果的には良かったわけである。

* はてなダイアリーキーワード:ウィリアム・ギャラス